modern music making . . .

Fernando Villanueva フェルナンド ヴィラヌエヴァ

録音のサンプルを聞くにはタイトルをクリックして下さい /
please click on the titles to hear the music samples

CF6 : Trio (2014) for flute, violin, piano trio

photo from ircam

1976年スペインのシウダー・レアルに生まれ、スペインとフランスで音楽の研鑽を積み、2007-08年イルカ ムキュルシュス1に翌年キュルシュス2に研究員として在籍。 作品はドナティエンヌ・ミシェル=ダンザク、 ク ール・シェルキュイ、アンスタン・ドネ、イティネレール、タレール・ソノーロ、ベアト・フラー、ジャン・ドロワイ エ等に演奏されている。新しいテクノロジーから生み出される新たな音楽表現や多様な音楽形式に関心を持 つ。 マウリシオ・ソテロのコンピューター音楽アシスタントをつとめ、 2010年よりクラウディア・トリオッジと コラボレーションを展開する。2000年より作曲の基礎をマルコスレドンド学院にて教えている。

Born in 1976 (Ciudad Real, Spain). He has received his musical training in Spain and France. Selected to follow the IRCAM's Cursus 1 (2007-08) and 2 (2008-09).
As a composer, his works have been played by singers, ensembles and conductors like Donatienne Michel-Dansac, Court-Circuit, L'Instant Donnée, L'Itineraire, Taller Sonoro, Beat Furrer, Jean Deroyer, etc. He is interested in new rhetoric mediums derived from new technologies and the formalization of some aspects of musical discourse.
He works as a computer music assistant for Mauricio Sotelo and collaborates with the performer Claudia Triozzi since 2010 (especially for her show Ni vu ni connu).
He is a teacher of Fundamentals of Composition at the Marcos Redondo Conservatory in Ciudad Real (Spain) since 2000.